キャッシングの多重債務者について

トップページ > キャッシングの多重債務者について

キャッシングの多重債務者について

もしもキャッシングで多重債務になってしまった場合、借金を整理する方法があります。
借金の整理は債務整理とも呼ばれています。
月々の収入と返済に回さなければならない金額を考えると生活が成り立たないという人、返済不能が目前に迫っているという方は債務整理の必要があります。
債務整理とは、多重債務者が法律の力を借りて、返済金額を減らしたり、返しやすくするための手続きのことです。
具体的な債務整理方法はいくつか存在します。
間に裁判所を建てず、司法書士に間に入って貰う形で債務者と債権者が交渉する任意整理という方法。
一般的には、利息制限法の利率で計算し直した借金の残りを3年を目安に分割返済する方法をとります。
住宅ローン以外で、かつ5,000万円以下の債務を整理するには、裁判所に申し立てをし民事再生によって多重債務を整理します。
また、整理の仕方には、自己破産をするというものもあります。
任意整理などによっても全く返済の見込みがなく、支払い不能が明らかな場合は、裁判所に申し立てて債務の支払い義務を免除する手続きが可能です。
景気が上向く話が少ない現在において、気づけば多重債務になっているという方は少なくありません。
現時点でどのくらいの融資を受けており、利息がどうやって増えているかを知ることで、多重債務の予防ができます。